最近 服装も地味になって
キタザキ老けこんでんじゃね〜の?!
なんてお思いの方々
御心配なく
髪はVライン
おニューのスニーカーは
ブルースばりばりの真っ青です
あなただけ こんばんは
喜多崎“マッチ”幸弘です

前回の記事で
自作「ドリップスタンド」を作りに某ホームセンターへ
行ったわけですが、実はそこの工房であるお願いをしました
が、しかし
「あー それうちじゃできないよー
うちは3cmまでしかできないー」

ということで
日を改めて、渋谷 TOKYO HANDSへGO!!!

東急ハンズ
地下1階の“DIY クリエイティブマテリアル”へ一直線。

今回選んだのはこれ

材料
杉集成材 910×14×300mm
(こっそり見えるピンクのイヤホンのラボのSトゥ君に頂いたBDPwww)

材料2

こんな感じ!!!

図面?

さて図工は“1”のわたくしですから
図面はその場で書いて
工房の方に
“ここはこう〜”“それはあ〜”
などと頭の中の完成図を
ほとんど言葉で説明するという手段です

さて理解して頂き、木をカット!!!お持ち帰り!!!

カットしてもらった材料

3cm以上無理と言われたのはこれ!!!

パーツ
今回は、家にある3種類のドリッパー全てに対応できるよう
一番大きいものに合わせて、直径5.7cmで穴をあけてもらいました
角のR取りもお願いして、木ノヌクモリ倍増です

木工用ボンド
釘、ビスなどを打って見えるのもなぁというのもあるし
この程度ならば木工ボンド!!!大木凡土!!!

組み立て
からの〜

完成
完成!!!

自作ドリップスタンド完成

前回、高さ13cmじゃ高いんじゃないか?
という問題点があったのですが、
実は今回も高さ“13cm”!!!!
えええええええええええええーーーー

カップの下にコースターを敷くことを考えていたり
こういう感じ↓
横から
某○oft(奥の方に店の名前書いてあるwww)に持ち込んで
店の器具を全て試したりして
まだ持っていないガラスのドリッパーもいいなぁ
なんてひとりつぶやいておるところです

なははっ
ホームパーティなんかには最適な
そんな素敵ドリップスタンド
丸みでヌクモリ
香りでヤスラギ
ココチヨシ珈琲ライフ
みなさんもいかがですか?

さてさてさて
珈琲ばかり飲んでいるわけでは御座いませんよー
次回は、素敵な珈琲をみなさんに飲んで頂くお知らせを致します

さっ
クロマ弾こ!!!

この記事を書いた人

喜多崎幸弘
喜多崎幸弘
クロマトーン 弾いて 語り 歌います!!!
“全ての空間をステージへ”変えてしまうエンターテイメントを目指します。
ラボでは、みなさんの曲作りのお手伝い、ヴォイトレからレコーディングまで幅ひろ〜くお付き合い致します。