ども。隊長さんです。
いよいよ最終章です。本当です。ヽ(´Д`;)ノ

それでは早速ご紹介して行きまSHOW!!!

 

その他もろもろ・・・

とゆワケで、残りの写真は動画で紹介しちゃいますね。

それでは色々まとめてスライドショウ!!!

・その他一気に紹介 其の壱

 

・その他一気に紹介 其の弐

 

【スライド中のオススメ楽器などの詳細】

 ※BGMで使用したCD+DVDの2枚組アルバムの 詳細・購入はこちらから

 

【MIKU STOMPについての追記】
『其の壱』動画内の説明で『歌詞を本体へダウンロードする』と言ってますが、本体への転送方法がやや特殊で面白いので、ちょっち追記させて頂きます。

本体にはこの手のモノによくあるUSB端子などはありません。WIFIやBluetooth…もないんです。ん?じゃあどうやって転送すんの?とゆ話ですが、実は『STOMP』と言うくらいですから、コレ基本としてギター用のエフェクター的扱い(ギターありき!)なワケであります。
つまりですね、『ギターのピックアップを介して本体に情報を送る』とゆまさかの転送方法なのでありました!(`・ω・´)キリッ

ハァ?(゜Д゜) どゆこと?

はい。正しいリアクションですねww
隊長さんもググって事実を知った時一瞬そんな表情になりました。
つまりやり方としてはこうです。

  1. 専用iPhoneアプリ「Lyrics for MIKU STOMP」で歌詞を入力
  2. 本体ON/OFFスイッチを長押し→LEDがゆっくり点滅
  3. アプリの送信(Transmit)ボタンをタップ→カウントダウン開始
  4. ギターのピックアップにiPhoneを近付ける
  5. Faxの『ぴ〜〜がぁ〜〜……』的音が出る!!!
  6. 正常に転送完了すると本体LEDが少し速く点滅

注意点としましてはiPhoneから音を出す位置(イヤホン/スピーカー)の選択とギターのピックアップ位置(取説ではフロント側を推奨?)を間違わないようにする事ですね。
※専用iPhoneアプリはこちら→ Lyrics for MIKU STOMP

 

最後に…

4部構成の冗長な記事になってしまいましたが、実際は行ったけど掲載漏れのブースや、逆にYAHAMAのように展示が多過ぎて全部紹介しきれなかったブースとか、、、何と言っても日本最大の楽器イベントですから、本当はまだまだ語り足りなかったりもするとゆ事だけ、お分かり頂けたら吉でござる。あ。武士になってもた。(汗

全体の総評的な感想と致しましては、やはり以前受けた印象(2009の記事参照 → 楽器フェア総評…)を完全には払拭できてないかな〜と言うのが正直なところではあります。会場内で偶然再会した“ウダー”開発&奏者宇田さんも同じ様な事をおっしゃってました(偶然の再会に驚き、話すのに夢中で写真撮り忘れました。T^T)。

ま、それはさておきまして、ともあれ今後これら気になった楽器のうち

どれを、誰が、ポチってまうのか?

…とゆ謎めいた(?)余韻を残しつつ、会場を後にしたコンプロさんでした。

 

最後の最後に…ww

一日会場内を歩きまわり、充実しつつも疲れたので
コレで締めさせて頂きます!

IMG_5518
新橋っー!でトンカツ定食!!

しかもキャベツはおかわり自由でした。ヽ(^。^)丿
隊長さんも1回だけ半分程度足していただきました。
なんでトンカツ屋さんのキャベツってこんなに美味しいんだろう??

IMG_5519

この方に至っては、キャベツは勿論ライスも2回おかわりしてましたよ。
「トンカツダイエットだ!」とおっしゃりながら…。

 

とゆ囲気雰で『2014楽器フェア・見学レポヲト』を終了したいと思います。
長い間ご覧頂きましてありがとうございました。また機会がございましたらヨロシクお願い申し上げます。←ん?何かこれヤフオクの評価みたい ( ̄ー ̄;

それではまた〜。しーゆぅす〜んなっ!\(^O^)/

この記事を書いた人

隊長さん
隊長さんプロデューサー、グループ&Skypeレッスン
レーベルのプロデューサー・ユニット『Complicated Protocol』で、クロマ・Program・黄色・韻を踏む事(単なる駄洒落と言わないで!)等を担当。ラボのレッスンでは「音」を「楽」しみながら、曲創りやアレンジ、歌唱法や奏法など、プロとしての経験を元に、的確な指導とアドバイスを行っています。