年末はAKBやらないの???
次何やるの???
エレキテルやれば??
ってこっそり問い合わせが
殺到しております
いやいや ちょっと
お兄さんお姉さん!!!
あなただけ こんばんは
喜多崎“なんでもやります”幸弘です

2014年、今年もたくさんの音楽に
出会いました
音楽を作り、歌い、するものの
それと同等に、もしくはそれ以上に
ひとりのリスナーとして
音楽を買い、聞いて、楽しむことには
お金、時間共にしっかり費やした2014年
まぁ 毎度のことですね

ということで
今年 最も聞いたアルバムをご紹介!!!
(どこぞの最も“売れた”ランキングよりも
最も自分が“聞いた”って、信憑性絶大でしょwww)

TAKUYA KURODA/RISING SON
TK

以前、jose james来日公演を見に行った時に
バックバンドに日本人いるなー、と思いながら見ていたんですが
その方のアルバムが出ると知って飛びついたのが去年の冬の話しでした
今年2月に出たアルバム、特にこの表題曲“Rising Son”は
何度聞いたんだろう!!!と。
NYを拠点としていたこともあってか、
Rising Sonが、おそらくRising“Sun”にかけられている
というのはお分かりかとは思います
Sonは“ブラザー”であり
また、太陽が時間をかけて昇っていくような在り方
そしてキャリアにもかけられてのことではないかと
アルバムを通して色んなことがビシビシとひしひしと
伝わってくるのです
何より、
Cool&Stylish!!!
これに尽きるな

思えば去年の今頃、一番聞いていたのも
実は日本人のアルバムだった
NaoYoshiokaの1stアルバム“The Light”に
度肝を抜かれ鬼のリピートをしていた2013年でした

こうやって日本にも好きな音楽がごろごろと溢れているここ数年です
来年もどんな音楽に出会えるか楽しみですね
そして、一人でも多くのみなさんにとってのそんな一枚が
“喜多崎幸弘”である2015年に
なれるように日々精進したいと思います

この記事を書いた人

喜多崎幸弘
喜多崎幸弘
クロマトーン 弾いて 語り 歌います!!!
“全ての空間をステージへ”変えてしまうエンターテイメントを目指します。
ラボでは、みなさんの曲作りのお手伝い、ヴォイトレからレコーディングまで幅ひろ〜くお付き合い致します。