なぜ腹式呼吸

こんにちは、講師のRitsukoです。
私は、みなさんが歌を上手になるためのヒントや練習方法などを、ちょこっとづつご紹介できたらと思ってます。 今回は、ボイストレーニングを始めると、まず初めに必ず行う「腹式呼吸」についてお話します。 歌への必要性を実感してない方も、もしかするといるのでは? 歌だけでなく良い声を出すためには必須なのです。

ボイトレの基本!腹式呼吸をマスターしよう

★呼吸には大きく分けて「胸式呼吸」「腹式呼吸」があります。

胸式呼吸(きょうしき こきゅう)

吸い込む力のコントロールがしやすい呼吸。 肺は自分一人では動く事ができません。胸式呼吸は、肋骨の間の筋肉が開いたり閉じたりして肺のスペースを作り、横に広がります。肋骨(ろっこつ)の辺りの広がりを触ってみましょう。
胸式呼吸

 

腹式呼吸(ふくしき こきゅう)

吐く息のコントロールがしやすい呼吸。 歌に適しています。
肺の下にある「横隔膜」という筋肉が肺を引き下げ、内蔵を圧迫するため、お腹が膨らみます。
ボイトレの基本の腹式呼吸

★なぜ腹式呼吸が良いの?

  • 吐く息の量・強さをコントロールできる
  • 喉(声帯)に負担が掛からない

歌声は、吐く息に声を乗せて歌います。ブレス(息)が安定せずにムラがあると声も不安定でムラになります。 安定した声、安定した音程のためには支えが必要です。声の支えは腹式呼吸によって下がる横隔膜が活躍しています。腹式呼吸で横隔膜をしっかり下げましょう

それでは、実際に「腹式呼吸」をやってみましょう。 まずは、ゆっくり軽く鼻から吸って、口から吐いてみましょう。 腹式呼吸がきちんとできているか、自分で確認できるチェックポイントも見てみましょう。

腹式呼吸時のチェックポイント

  • 姿勢:背筋を伸ばして真っすぐ立つか足を床につけて座わる。
  • お腹、首、喉、舌、全てをリラックス。
  • 息は多く吸い過ぎない。(多く吸うと胸式呼吸になりやすいため)
  • 息を吸った時に胸や肩は全く動かない。

なかなか腹式呼吸のコツがつかめない時試してみよう。

・仰向けにになってみる
あおむけで寝てみると腹式呼吸が自然にしやすくなります。軽く膝を曲げて仰向けになり、お腹に手を置き、呼吸に意識を持っていきましょう。寝ながら歌うのも力が抜けて良い練習方法ですよ♪

吸ってから吐いてうまく行かない場合は、まずは先にしっかり吐いてみましょう。吐き切ると自然とお腹がへこみます。無理に押す必要はありません。おヘソの指3本下の丹田の辺りに手を当てへこんでいるのを確認したら、力を抜きゆっくり手が押し返されるようなイメージで吸いましょう。息は、無理にたくさん吸おうと思わなくとも、吐ききると自然に入ってきます。

・肩、首のリラックス
逆に一度力をいれて肩を上げながら息を吸い、一気に吐きながら脱力してみましょう。
そして首をゆっくり左右に振ってみましょう。
肩と首のリラックス

チェックポイントがクリアできたら、腹式呼吸の基本、ロングブレスをやってみましょう。
基本のロングブレスでお腹の使い方が習得できると、ショートブレスなど色々なブレスコントロールも習得しやすくなります。

 

ロングブレスの長さを計ってみよう

  1. 鼻から軽く息を吸い込みます。
  2. ロングブレスの時は「ツー」と発音しながら口から吐くと息の出口を絞る事が出来ます。
  3. 吐く息に圧をかけるような気持ちでムラにならないように出来るだけ長く吐きましょう。
  4. 息を吐き切る時が要注意!体に力が入り、一番ムラになりやすくなります。上半身の力は抜いたままお腹だけを使って吐き切りましょう。

◯10秒前後の方
息の圧が無く漏れてしまっています。みぞおちの辺りを触ってみましょう。お腹がすぐにへこんでいきませんか。 お腹はすぐにへこんでしまわず。ゆっくりとへこんでいくようにしましょう。

◯20秒前後の方
お腹の使い方のコツは掴んできているようです。 力まず息がムラにならないように気をつけ、1秒づつ伸ばしていき、まずは30秒を目指しましょう。

◯30秒前後の方
Good! 息をよりムラなく安定させ、さらに少しづつ長さを伸ばしていきましょう。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

腹式呼吸は、歌以外にこんな健康効果もあります!

  • 便秘解消(横隔膜が押し下がる事で腸のマッサージ効果があります)
  • ストレス軽減。腹式呼吸で自律神経が整えられます。
  • ダイエット効果!内臓脂肪燃焼。横隔膜が上下する事で内蔵の結構が良くなり新陳代謝が良くなります。
  • 歌声だけでなく「話す声」もお腹からの響く声が出せるようになります。

腹式呼吸がいかに重要か、正しい腹式呼吸の仕方をご理解いただけたでしょうか。
それぞれの方に自分では気づかない癖もあり、解決方法やアプローチ方法も千差万別。
「なんか思ったように腹式呼吸が出来ない」という方は、
マンツーマンのボイストレーニング、無料体験レッスン
も行っておりますので、遠慮なくレッスンの時にご相談くださいね。

次回は、「声の響かせ方」についてお伝えしたいと思いま〜す♪
お楽しみに。

この記事を書いた人

ritsuko
ritsuko
ボーカル、ソングライティング、弾語りの講師を担当しています。
それぞれの上手くなるキッカケは千差万別。一人一人の弱点を見極めてわかりやすく丁寧な指導を心がけています。また、レッスンは教える方も教えられる方も楽しくないと!そのためにはその方の良い所を見つけて好きになる事が一番。上手にしてあげたいと思うと、ついついしつこく指導してしまう事も・・。でもそれも愛なのでお許しを。