ロゴ

音楽を始めるなら東京原宿にある「クロマチックミュージックラボ」

  • クロマトーン

Chromatic Music Lab.

音楽を突き詰める!!Music研究所

『クロマチックミュージックラボ』はこんなところ!!

「クロマチック ミュージック ラボ」は、代表の大川ワタルを中心とした、自身の研究成果から生まれた独自のメソッドで、開発から制作サポートまでを手がけるクリエイティブな音楽研究所です。

名称の『クロマチック(12半音)+ミュージック(音楽)+ラボ(研究所)』は、代表の大川が学生時代(当時19歳)に研究開発した独自のメソッドを基に製作したクロマチックピアノ「ラピアン」に由来します(後に世界特許を取得)。
※独自のメソッド「ムトウ音楽メソッド

その後、30年以上の研究開発を独自で継続し、記譜法の開発、楽器やアプリケーションの開発、教材開発などを進めて参りました。

[主な研究プロダクト]
  • 楽譜出版(20タイトル/2016年現在)
  • ラピアン
  • ホールトーン
  • クロマトーン
  • バーチャルクロマトーン(Windows、iOS、Android)

そして、クロマチックには「色彩」という意味もあり、この独自メソッドを活かして色彩豊かな「音楽」を追究していきたいという思いも込められており、近年は、代表自らがプロデュースする音楽レーベルの運営も行っております。
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」を教訓に、ナンバーワンではなく、常にオンリーワンであることを研究理念としています。

音楽研究所


 《Google インドアビュー》